百科事典 靴のかかとの後ろに穴が開いている



Q) 初めまして。まだ大学生のひよっこですが、よろしくご指導下さい。お願い致します。
ブログ、すごいです。とても参考になります。モミヤマさんの靴に対する真摯な態度と思い入れに感化されて、 私、モゥブレィのクリームやステインリムーバー等々早速ハンズで買い込みまして、靴の手入れに不器用ながらもがんばっています。 磨くとツヤツヤになっていく靴をみるのがうれしくって、つい家族の靴も磨いてしまうのでした。(特に父の靴の艶はピカイチ!)

さて質問なのですが「靴はおろす前の処理が大切なんだ!」 と意気込んで、買ったばかりのロングブーツを「近くて早いから」という理由だけでチェーンのお店で前ソールを貼ってもらったのですが、 できあがりをみてみると、踵のところに釘を刺したような穴があいているのです。(左右両方!)
固定するときにあいたものだと思われるんですが、私としては、まだ履いて歩いてもいないのにとショックを受けました。 あいてしまったものはしょうがないし、チェーンのお店にまかせた私にも落ち度はあるし、今回は勉強料と思うことにしたのですが、 二度とこういう思いをしたくはありません。




A) はじめまして。
ご丁寧なメールをありがとうございます。
えらく持ち上げていただいておりますが、こちらは普通の修理の店ですよ。
でも、○○様のように一人でもシューケア、そして修理に関心を寄せていただいたことがわかって、ブログを更新している甲斐がございます。

さて、お尋ねの件ですが

「修理に出して帰ってきた靴のかかとの部分に釘で刺したような穴がある」

修理の内容は

「新しい靴のソール(靴底)の前半分にゴムを貼る」

というオーダーですね。

通常のその修理内容の作業の流れは、まずソールのゴムを貼る部分に印をつけて、そこから前半分を機械で薄く削ります。 そうすることによって接着効果が高まるからです。作業中、靴の木型やシューツリーのようなものは通常入れません。

次にその面とゴムの両方に接着剤を塗って乾かします。

半乾きになったところで、ゴムの方をヒーターで暖め、金台に乗せた靴に一気に貼り付け、金槌で叩きます。

金台から抜いた靴を、その後さらに圧着機の金台に靴をはめて、圧着します。

圧着機の金台から抜いた靴のはみ出たゴムを包丁で切り落とし、ソールの表面を削っ た前の機械で、ソールとゴムの境目をきれいに削っていきます。

最後に色などの仕上げをして完成です。

さて、この流れでかかとの部分に仮止めをするような作業は入り込まないんですね。
また、何かのミスで開くということもかなり確率としては低いと思います。

釘で固定した穴というのは間違っていなくて、そのためには靴の中にその靴専用の木型が入っていないと釘を打っても固定できないですね。
靴の製作工程で木型に吊り込まれた状態の時に、かかとの上部に一か所釘で固定します。
それを抜いた後が、タックホールといい穴が開いた状態になります。
タックホール.jpg

新品の状態の時からあったはずなんですが、はじめから開いていたということはないでしょうか?
きっとそうですよ、そう思えば気分も晴れるでしょう?


シュークリーム










この記事へのコメント