オールソール張替えをするのは、ソールが摩耗した為に新しいソールに交換するわけですが、ではどのタイミングで行うのでしょうか。

穴が開けば一目瞭然ですね。

IMG_5934.JPG


穴が開いて中のコルクの詰め物が見えています。
この位なら靴本体が摩耗にさらされているわけではないので減り具合としては問題ないレベルですが、穴から雨水などが侵入する可能性はありますね。
ですから、穴が開く直前がベストですが、目視で確認できないのです。
ソールの真ん中あたりを指で押して薄さを触って推量します。

例えば

IMG_6165.JPG
IMG_6170.JPG
IMG_6173.JPG


これはオールデンですが、まだ穴は開いていません。
横から見ても、まだ厚みがあるように見えます。
でも指で触ってみると、ペコペコというか革というより紙を押しているような感覚です。

それでは実際にはどうなのでしょうか、真ん中あたりを切断して、その断面を見てみると、、、、

IMG_6194.JPG
IMG_6191.JPG


真ん中あたりは厚みがほとんどなくなっています。

少し勇気が必要ですが、このような確認方法もあるので、ご参考までに。


ソールの張替えの際にボトムフィラーという靴の中に仕込まれたコルクのクッション材を入れ替えますので、履き心地は修理する前より良くなるという、これは新しい靴を買う事では得られない魅力です。
当店では特にこの履き心地と耐久性に特化した修理内容で、皆様をお待ちしております。
修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋



コメント 0
トラックバック 0