修理例 オールソール張替え Alfred Sargent(アルフレッド サージェント )・リーガル( REGAL)

今回は、オリジナルのソールが英国製のダイナイトソールの2足。

高級紳士靴のドレスラインでは定番のラバーソールです。

ラバーソールの良い点は、雨に強く、グリップ性・耐久性にあります。

あくまで比較論ですが英国製の純正ダイナイトソールは、もちろんレザーに比べると耐久性は良いですが、こちらでお勧めのビブラム社のダイナイトタイプ 2055 イートンソールの方が群を抜いて上です。

今回の様に純正のダイナイトソールが摩耗して、オールソール張り替えるということはありますが、ビブラムのそれに張り替えて、再度張り替えたという記憶がないくらいです。
以前にお客様から、自分のトリッカーズ カントリーブーツのダイナイトソールを買ったお店に修理で出していたが、こちらでビブラムのダイナイトタイプに張り替えてから、はっきりと耐久性に差があることが分かったとおっしゃっていました。

ですので今回もかかとだけの修理にするか、ソールを張り替えるかの悩ましいところでしたが、減り具合からしてソールの4分の3は減ってますので、かかとだけ替えても半分も減らないうちにソールに穴が開くのは見えています。

オールソール張り替えてソールの耐久性が倍以上になるのならどうでしょう、それではということでこのタイミングでビブラム社のダイナイトタイプ 2055 イートンソールに張替えです。

もちろん、ソールの張替えの際にボトムフィラーという靴の中に仕込まれたコルクのクッション材を入れ替えますので、履き心地は修理する前より良くなり、靴の内部のメンテでオーバーホール的な効果も、これは新しい靴を買う事では得られない魅力です。


before

IMG_6428.JPG
IMG_6427.JPG
IMG_6424Alfred Sargent.JPG
IMG_6425.JPG



after

IMG_6432.JPG
IMG_6434.JPG
IMG_6436.JPG
IMG_6441.JPG
IMG_6444.JPG
IMG_6437.JPG
IMG_6440.JPG
IMG_6447.JPG
IMG_6449.JPG



オールソール張替え 

Vibram#2055 ダイナイトタイプ レギュラー  11,000円(税抜き)


当店では特にこの履き心地と耐久性に特化した修理内容で、皆様をお待ちしております。
修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋


この記事へのコメント