修理例 オールソール張替え REDWING(レッドウィング)8070 ポストマン純正ソールへカスタム

今回はREDWING(レッドウィング)8070のソールをポストマン純正ソールに替えたいということで、カスタムの修理例です。

オリジナルはVibram USA社の、「キングB」ソールです。
ラバー系のソールなので、どうしても履き心地が硬い感じが拭えません。

交換するポストマン純正ソールは、ビブラム1002ソールでチペワのワークブーツに使われている4014ソールと同様の素材(ゴムスポンジ)ですので、履き心地は格段に上がります。

ただポストマンは360度グッドイヤーウエルト製法ですが、REDWING(レッドウィング)8070は通常のタイプですので、イミテーションですがかかと部分のウエルトを作成してからオールソールいたしました。


before


IMG_7122.JPG
IMG_7120.JPG
IMG_7135.JPG
IMG_7131.JPG
IMG_7125.JPG




After


IMG_7149.JPG
IMG_7147.JPG
IMG_7151.JPG
IMG_7153.JPG
IMG_7156.JPG
IMG_7131.JPG
IMG_7158.JPG





オールソール張替え  ビブラム1002 オールソール  12,000円(ラバーミッドソール交換込み)(税抜き)
イミテーションウエルトかかと部分作成                2,000円


ソールの張替えの際にボトムフィラーという靴の中に仕込まれたコルクのクッション材を入れ替えますので、履き心地は修理する前より良くなるという、これは新しい靴を買う事では得られない魅力です。
当店では特にこの履き心地と耐久性に特化した修理内容で、皆様をお待ちしております。
修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋



この記事へのコメント