修理例 オールソール張替え JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)のオールソール張替えです。

この靴の最大の魅力はハンドソーンウェルテッド製法。

ウエルトと中底、アッパーを縫い付けるすくい縫いを手作業で行うわけですが、構造的にはグッドイヤーウエルト製法と同様で、単に手で縫っただけ?となりがちですが、グッドイヤーウェルト製法は大型ミシンによるすくい縫いを実現するために、「リブ」と呼ばれる部品が接着剤でインソールに直角方向に組み込まれ、その影響でソールが曲がりにくくなります。
ハンドソーンウェルテッド製法ではリブが無いため、厚い中底のレザーでも返りが良くなります。

コストパフォーマンス面においてもジャランスリウァヤでは通常コストの高いハンドソーンウェルテッド製法を企業努力によりコストを下げて提供してくれています。



完成


IMG_7233.JPG
IMG_7231JalasnSlivaja.JPG
IMG_7234.JPG
IMG_7240.JPG



オールソール張替え 
ベルギーレザー シングルレギュラー : 12,000円(税抜き)

ソールの張替えの際にボトムフィラーという靴の中に仕込まれたコルクのクッション材を入れ替えますので、履き心地は修理する前より良くなるという、これは新しい靴を買う事では得られない魅力です。
当店では特にこの履き心地と耐久性に特化した修理内容で、皆様をお待ちしております。
修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋




この記事へのコメント