修理例 オールソール張替え Edward Green(エドワード・グリーン)・JOHN LOBB (ジョンロブ)

靴は履いているうちに色々なところが傷んできます。

ソールなどの交換可能なところは修理で直すことが可能ですが、アッパーは基本的に不可能です。

特に歩くたびに屈曲する部分は、屈曲による疲労でいくらお手入れしてもひび割れてきたりします。

でもそこまで履けば履いていることを忘れてしまう、靴は身体の一部の様に普段履いていても注意がそちらに持って行かれない(健康な臓器と一緒です)、もう手放せない、新しい靴にはない魅力があります。

今回はそんな靴2足です。



完成

Edward Green(エドワード・グリーン)

この靴はソールの張替え、5回はさせていただいてます。軽く10年以上、20年近いんじゃあないでしょうか。


IMG_7276.JPG
IMG_7274Edward Green.JPG
IMG_7281.JPG
IMG_7278.JPG
IMG_7282.JPG




JOHN LOBB (ジョンロブ)


IMG_7337.JPG
IMG_7336John Lobb.JPG
IMG_7341.JPG
IMG_7340.JPG
IMG_7342.JPG




オールソール張替え 
ベルギーレザー シングルレギュラー : 12,000円(税抜き)

ソールの張替えの際にボトムフィラーという靴の中に仕込まれたコルクのクッション材を入れ替えますので、履き心地は修理する前より良くなるという、これは新しい靴を買う事では得られない魅力です。
当店では特にこの履き心地と耐久性に特化した修理内容で、皆様をお待ちしております。
修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋





この記事へのコメント