靴はCrockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)、ソールがオリジナル リッジウェイソールです。

今回、かかとが減ったのでかかとだけの修理になります。

英国性ラバーソールで、これとコンビ的なソールがダイナイトソールです。

ダイナイトソール
IMG_7392.JPGIMG_7381Crockett&Jones.JPG


リッジウェイというのが”畦道(あぜみち)”という意味ですから、ダイナイトのすっきりさを考えると、ダイナイトは都会向き、リッジウェイ(凸凹がありますが、ソール部分横は薄いのでドレス感を失いません)がラフに履けるというイメージですが、今はむしろデザインの好みで履いていただいているようですね。



完成

リッジウェイソール
IMG_7535.JPGIMG_7536.JPGIMG_7540.JPGIMG_7539.JPGIMG_7545.JPG



かかとリフト修理(税抜き価格)
リッジウェイ : 2,800円



修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋






カテゴリー 修理例
コメント 0
トラックバック 0