今回の修理例は、オールソール張替え、靴は英国ノーサンプトンの実力派ブランドCHEANEY(チーニー)です。

静岡県からご依頼いただきました、遠くからいつもありがとうございます。
気にっていただけてこちらも嬉しいです、どうぞ履き心地も楽しみにしてやってください。
またのご依頼をお待ちしております

オリジナルがレザーのダブルソール。

今回は、ほぼオリジナル通りで、ダブルソールにありがちな返りの悪さからつま先の摩耗が早いのを防止するための無料のオプション:つま先ラバー仕様、あと別にかかとの飾り釘打ち(こちらは有料のオプションです)のご希望です。

オールデンの時にも書きましたが、ダブルソールの場合、返り(靴の屈曲)が硬くなり、つま先に負担が掛かって減りやすくなります。
つま先の負担を少しでも軽減する方法として、返りを予めつけてやるという作業があります。

簡単な方法は靴を履いてしゃがむ(靴が強制的に曲がる)、これを数回繰り返すだけでつま先への負担は当たり前ですが、普通に歩く際でも歩きやすくなりますのでお試しを。




完成


DSC_0095CHEANEY(チーニー).JPGDSC_0096CHEANEY(チーニー).JPGDSC_0100CHEANEY(チーニー).JPGDSC_0099CHEANEY(チーニー).JPGDSC_0097CHEANEY(チーニー).JPGDSC_0098CHEANEY(チーニー).JPGDSC_0102CHEANEY(チーニー).JPGDSC_0103CHEANEY(チーニー).JPG


オールソール張替え(税抜価格)
 ベルギーレザー 
ダブルソールレギュラー:14,000円
(内レザーミッドソール:2,000円)
無料オプション つま先:ラバー:0円
有料オプション かかと飾り釘打ち:1,000円


ソールの張替えの際にボトムフィラーという靴の中に仕込まれたコルクのクッション材を入れ替えますので、履き心地は修理する前より良くなるという、これは新しい靴を買う事では得られない魅力です。
当店では特にこの履き心地と耐久性に特化した修理内容で、皆様をお待ちしております。
修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋






カテゴリー 修理例
コメント 0
トラックバック 0