今回の靴はHARLEY-DAVIDSON(ハーレーダビッドソン)ライダーブーツです。

グッドイヤーウエルト製法で作られた靴です。
ライダーブーツで実際にバイクに乗るときに履かれるのでソールの減りはそれほどでもありませんが、その分修理せずに長期間履くので素材や接着の劣化で”ソールが剥がれてくる”ということが起こります。

縫いは掛かっているのですが、ミッドソールに縫いが掛かって、そのミッドソールにアウトソールが接着で取り付けられているのが一つの原因でもあります。

FireShot Capture 143 - 「ハーレーダビッドソン ブーツ」の検索結果 - Yahoo!検索(画像) - search.yahoo.co.jp.png

DSC_0329Harley-Davidson (8).JPGDSC_0329Harley-Davidson (7).JPG




ソールの張替えの際に、今度はアウトソールまで縫いを掛けて、劣化は避けられませんが剥がれてくることを防ぎます。

ソールのチョイスはビブラム#100でボリューム感たっぷりです。
金属のプレートも移植して堂々の完成です。



DSC_0329Harley-Davidson (1).JPGDSC_0329Harley-Davidson (2).JPGDSC_0329Harley-Davidson (5).JPGDSC_0329Harley-Davidson (4).JPGDSC_0329Harley-Davidson (3).JPGDSC_0329Harley-Davidson (6).JPG


オールソール張替え(税抜き価格)
ビブラム ♯100 ソール:12,000円
ラバーミッドソール:1,000円
金属プレート移植:1,000円








カテゴリー 修理例
コメント 0
トラックバック 0