今回の靴はUnion Imperial(ユニオン インペリアル)、オールソール張替えです。

この靴の最大の特徴はハンドソーンウェルテッドで、これに関しては、「グッドイヤーウエルト製法とハンドソーンウエルテッド製法について」で紹介させていただいたページをご覧になった方からの宅配でのご依頼で、すでに1足納品したのと入れ替えにもう1足ご依頼いただきました、ありがとうございます。

前回の修理の際に紹介はしていなかったのですが、かかとの履き口の内側のカウンターライニング(腰裏)、とくに左足の履き口がカウンターライニングが擦り切れて表の革がまで擦り切れていたので補修したのですが、今回見事に同じ個所が同じように傷んでいました。
人間左右の足の大きさは微妙に違うので、おそらくそのせいでしょうね。


完成


DSC_0433Union Imperial  (1).JPGDSC_0433Union Imperial  (2).JPGDSC_0433Union Imperial  (3).JPGDSC_0433Union Imperial  (4).JPGDSC_0433Union Imperial  (5).JPGDSC_0433Union Imperial  (6).JPGDSC_0433Union Imperial  (7).JPG




オールソール張替え(税抜き価格)
 ベルギーレザー
シングルレギュラー:12,000円


ソールの張替えの際にボトムフィラーという靴の中に仕込まれたコルクのクッション材を入れ替えますので、履き心地は修理する前より良くなるという、これは新しい靴を買う事では得られない魅力です。
当店では特にこの履き心地と耐久性に特化した修理内容で、皆様をお待ちしております。
修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋







カテゴリー 修理例
コメント 0
トラックバック 0