靴の修理・百科事典

「良い靴を底が減ったらソールを張り替え履き続けるのと、安い靴を毎回買って新しい靴を履くのと、どっち!」←click
これは決して”こだわり”ではなく”純粋に合理的で経済的な理由”による説明です。

"修理例"の記事一覧

今回の靴はフランスのHESCHUNG(エシュン)です。 以前に修理例で紹介させていただいた「オールソール張替え エシュン(HESCHUNG)」を見て、郵送でご依頼いただきました、ありがとうございます。…
今回の靴は、YANKO(ヤンコ)です。 毎度ご利用ありがとうございます、この靴と入れ替えでもう1足ご依頼いただいております、仕上がりまで今しばらくお待ちくださいね。 レザーサールでのオールソール…
今回の靴はSantoni(サントーニ)、イタリアの老舗メーカーですが、イタリーらしいマッケイ製法だけでなくグッドイヤーウエルト製法やその変形のボロネーゼ製法など、引き出しの多いメーカーですね。 お持ち…
今回の靴はUnion Imperial(ユニオン インペリアル)、オールソール張替えです。 この靴の最大の特徴はハンドソーンウェルテッドで、これに関しては、「グッドイヤーウエルト製法とハンドソーンウエ…
今回の靴は米国製のAnsewn/アンソーン。 ミッドソールとアウトソールの2重構造になったマッケイ製法で作られた靴です。 <マッケイ製法 ミッドソールあり> 今回2回目のオールソー…
今回の靴はTricker’s(トリッカーズ)のオールソール張替えです。 Tricker’sと言えば、カントリーブーツのようなセミカジュアルな靴が代表格かと思いますが、王道のセミブローグです。 張…
今回の修理例は、DANNER LIGHT MILITALY です。 この靴の特徴はミッドソールに使われているソールベースは軽くてクッション性にも富み、接地面にはビブラムのシエラソールというラバー製の耐…
かかとのトップリフトの修理シリーズです。 オールソール張替えだけでなく、普通にかかとの修理もやってますからね。 靴はJALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ) ソールはダイナイトソールと…
今回はオールソールではなく、かかとのトップリフトの修理です。 オールソール張替えだけでなく、普通にかかとの修理もやってますからね。 靴はTricker's(トリッカーズ)、ソールはダイナイトソール(…

 
●お問い合わせ、ご質問のある方は、
質問フォーム(このボタンをクリック)よりお気軽にご質問下さい。

プロフィール

名前:
モミヤマ イチロウ
ウェブサイトURL:
https://www.shoe-riya.com
shoefactory@nifty.com
shoefactory@nifty.com
一言:
靴の修理やお手入れのことで、お尋ねになりたいことがあればメールで頂ければ、お答えいたします。(力量不足でお答えできない場合もあるかと思います、ご了承ください)
お答えさせて頂いた質問は、ブログ上にQ&Aとしてアップいたしますのでご了承の上、よろしくお願いいたします。

top_logo.gif