修理例 かかとトップリフト交換 Alden(オールデン)

今回はかかとのトップリフト(かかとのゴム)修理です。 オリジナルは半革ラスターのくさび型が付いていましたが、特に履き始め等は滑りやすくて怖い思いをしたこともあるのではないでしょうか。グリップ性・コストなどの合理性から言えば全面ラバータイプの方が、滑らずぐっと歩きやすくなりますね。 今回のお客様は一度お勧めしてから、ずっとこれ…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え Berwick ( バーウィック )

Berwick ( バーウィック )のオールソール張替え、写真はありませんがオリジナルのソールはダイナイトソールでした。 お持ち込みいただいたお客様から聞いたのですが、このシリーズにはソールがダイナイトとビブラムラグソールがあって、ラグソールが欲しかったのにダイナイトしかなくて、ダイナイトソールの靴を買ってしばらく履いて減ったので…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え Edward Green(エドワード・グリーン)・JOHN LOBB (ジョンロブ)

靴は履いているうちに色々なところが傷んできます。 ソールなどの交換可能なところは修理で直すことが可能ですが、アッパーは基本的に不可能です。 特に歩くたびに屈曲する部分は、屈曲による疲労でいくらお手入れしてもひび割れてきたりします。 でもそこまで履けば履いていることを忘れてしまう、靴は身体の一部の様に普段履いていても注意…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え Polo ralph lauren

マッケイ製法で作られた靴 Polo ralph lauren のオールソール張替えです。 完成 修理のご依頼はこちらから shoefactory&shop 修理屋   ●お問い合わせ、ご質問のある方は、 質問フォーム(このボタンをクリック)よりお気軽にご質問下さい。 …

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)

オールソール張替え Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ) 今回で2回目のオールソールになります。 前回はレザーソールで張り替えました、よくあることですが今回は耐久性を重視し、雨の日でも履けるようにダイナイトソールで張替えです。 サイズが小さい方でしたので、ビブラムのダイナイトタイプより厚みの薄いダ…

続きを読むread more

修理例 VIBRAM 2040

VIBRAM 2040 ラバーソール コマンドソールより凸の厚みは薄く、ソールの厚みはあるというタイプです。 この手の欠点であるつま先の摩耗対策に、ソールの厚みがつま先だけ厚くなっています。 before after before …

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え Union Imperial(ユニオン インペリアル)

Union Imperial(ユニオン インペリアル)のオールソール張替えです。 この靴の最大の特徴はハンドソーンウェルテッドで、これに関しては、「グッドイヤーウエルト製法とハンドソーンウエルテッド製法について」で紹介させていただきましたので、ご参照ください。 それでは張替え前 …

続きを読むread more

お盆休みに伴う修理お預かり期間のお知らせ

2020年のお盆休みに関するお知らせです。 8月11日(火)~14日(金) それに伴い、オールソール張替えのお預かり期間が、7月27日(月)までにお預かりした靴は、通常通り約2週間のお仕上がり、29日(水)以降にお預かりした靴は、約3週間のお預かりとなります。 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え ferrante(フェランテ)カスタム イミテーションウエルト取り付けコバ張り出し

ferrante(フェランテ) カスタム イミテーションウエルト取り付けコバ張り出し  オールソール張替え 元の写真を撮り忘れたので、別の靴の写真です。   ●お問い合わせ、ご質問のある方は、 質問フォーム(このボタンをクリック)より…

続きを読むread more

グッドイヤーウエルト製法とハンドソーンウエルテッド製法について

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)のオールソール張替えで、グッドイヤーウエルト製法とハンドソーンウエルテッド製法について書かせていただきました。 その説明の補足です。 ハンドソーンウエルテッド製法は、ウエルトと中底、アッパーを縫い付けるすくい縫いを手作業で行います。 構造…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え GRENSON(グレンソン)

英国ノーサンプトンの老舗革靴メーカー、グレンソン。 創業者グリーン氏とその息子(Son)という意味から「Green&Son」の社名を名乗っていましたが1913年、ブランド名を現在の「GRENSON」に短縮され、現在も英国を代表する革靴メーカーです。 レザーソールから、返りが良く耐久性抜群のVibram#2055 ダイナイ…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え ア・テストーニ(a.testoni)

a.testoniは、ボロネーゼ製法というマッケイ製法を発展させた製法で有名ですね。 ボロネーゼ製法は、ライニング(内張り)とインソール(靴の中敷き)を一体のように縫い合わせる半中底を使用しており、柔軟性に富み、足当りが柔らかく、グッドイヤーウエルト製法の靴が足に馴染むのに時間が掛かるのに対し、履き始めから足に馴染みやすいのが…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え Church's(チャーチ)

Church's(チャーチ)のオールソール張替え、アッパーの艶のあるポリッシュドバインダーカーフがチャーチらしいですね。 レザーソールから、返りが良く耐久性抜群のVibram#2055 ダイナイトタイプソールで張替えです。 完成 オールソール張替え(税抜き価格) Vib…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)のオールソール張替えです。 この靴の最大の魅力はハンドソーンウェルテッド製法。 この製法に関してはこちらをご参照ください。 ウエルトと中底、アッパーを縫い付けるすくい縫いを手作業で行うわけですが、構造的にはグッドイヤーウエルト製法と同様で、単に手で縫っただけ?となりがち…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え Allen Edmonds(アレンエドモンズ)

Allen Edmonds(アレンエドモンズ) オールソール張替えです。 アレン・エドモンズは、アメリカのウィスコンシン州で1922年に設立された高級紳士靴ブランド、数々の歴代アメリカ大統領に愛用されています。 アレン・エドモンズ独自の技術といわれる「360度グッドイヤーウェルト製法」。 通常のグッドイヤーウェルト製法…

続きを読むread more

修理例 オールソール張替え YANKO(ヤンコ)

スペインのマヨルカ島に創業されたブランドYANKO(ヤンコ)のオールソール張替えです。 ソールにはレザーソールのエレガントさとラバーソールのグリップ力・耐久性を兼ね備えた、ブランドの代表的なラバーソール”ヨーク”:ソールの半分がラバーで、半分がレザーのコンビになったソール、耐久性では接地面がラバーなので心強いですが、ラバーと革の継…

続きを読むread more